1. HOME
  2. 講座
  3. 無意識と子どもの能力コース

講座各種

無意識と子どもの能力コース

無意識で感じているものの95%を大脳はカットして生きている

例えば人間の目に見える色・耳に聞こえる音以外にも、実際には波長の違う電磁波や音が存在しているように、人間は感じているものの一部だけを切り取って”認識”して生きています。
しかしながら、私たちの心と体は日々、自分の意志とは無関係に、本能的に反応してもいます。
頭ではこうありたいと強く思っているのに、緊張したくない場面で緊張してしまい、汗が出て来たり鼓動が早くなったりする、といった”無意識の反応”は、誰もが身近に経験しているのではないでしょうか。
昔から場が和む・場が凍る・気配・第六感などといった言葉があります。これらは全て無意識で感じていることであり、こうしたことがどう実際の親子関係に影響するかについて、詳しく説明している講座です。

子どもの悩みはほとんどが無意識の現れ

・子どもの不登校、落ち着きのなさ、場面緘黙、ゲーム依存…

こうした悩みは、実は95%を司っていると言われている無意識の領域で先に起こっています。

・子どもを愛せない、母親として失格ではといった自責の念
・夫婦関係の悪化
・両親(義両親)やママ友、学校関係などから生じる悩み

といったわかりやすい親の状態はもちろんのこと、
普段は意識しない親の生き方や口ぐせが、実はお子さんの状態に深く反映されているとしたら…。
こうなったらどうしよう、と心配することが、心配する現実を引き寄せてしまうとしたら…。

知ることで意識を向け始め、そこから現実が変化していきます。

あらゆる悩みの解決につながる

意識と無意識の関係の”しくみ”がわかってくると、親子関係に限らず、自分に起こっていることが見えてくるようになります。この知識をぜひ学んでみませんか。

対象

今現在悩んでいらっしゃる方、ご自身の経験を仕事などに活かしたい方、教職にある方など。

サンプルムービー

※画質を落としています。実際の動画では高画質でご覧いただけます。

全6回 ¥50,000+消費税

1.身体からひも解く心の状態:生き方のくせは身体の歪みになって表れる
2.潜在意識が現実を創り出す:原理・鏡の法則の勘違い・パターンを変える方法
3.コミュニケーションの問題:気持ちが伝えられない・手が出てしまう等
4.勉強の悩み:成績が伸びない・勉強しない
5.子どもの問題行動にどう対処するか:衝動性・依存・集団行動ができない等
6.愛って何だろう:子どもを愛せないなどの悩み・カウンセリングの視点

紅林健一

講師プロフィール

紅林健一

開成中学高校卒、早大理工学部中退
オートバイのレース活動・ゴルフインストラクターなどを経て起業。
心と体を調整する調整室やどりねを経営
子どもの発達デザイン研究所事業開発部長兼任
量子場調整上級過程終了

詳しいプロフィールはこちら